採用情報 / 卒業生の声 / 長田 貴男氏

長田 貴男氏
Takao Nagata

プロフィール

東京大学工学部機械工学科卒業。株式会社コーポレイトディレクションにてキャリアをスタート。その後ADLに転職。現在は株式会社メザニンにて活躍。 投資業務や投資先企業の経営陣の一員として事業の立ち上げからIPOの準備に至るまでのプロセスを主導した経験を持つ。


なぜADLを選んだのか

戦略コンサルティングファームを経て事業経営の一端を担う経験をしていた私が改めてコンサルティングに従事しようとしたのには、「戦略を考える、実行を支援する」ことと「事業を立ち上げ、生き抜く」こと、2つの経験を活かしてかつての自分よりも「高質な」コンサルティングを実現したいという思いが背景にありました。
戦略を実行する側であるクライアントの立場・思考回路を肌感覚で理解している経験を、当事者にとってより現実的な、同時に意味ある変革を生むコンサルティングに繋げることができるはずという、半ば独りよがりの自負であったともいえましょう。
技術の集合体である「動くモノ」に関心を持っていたこと、経営に関与したのが技術立脚のベンチャーであったこともあり、製造業にフォーカスし“技術と経営の融合”を志向するADLは自身を試す格好の場となったのです。を試す格好の場となったのです。

ADLでの学び

ファクトとロジック-使い古された感のあるアプローチが求められることは言わずもがな。加えて、 クライアントにとって価値のあるコンサルティングの実現には、ADLでいえばク ライアントとの共通言語となるべき「技術」を有意な粒度で解釈した上での再定義が求められることになりま す。
共通言語を持つことで、異なる立場であるはずのクライアント(専門領域のプロフェッショナル)とコン
サルタント(コンサルティングのプロフェッショナル)が川を挟んで対峙するのではなく互いに寄り添うことで 現場の推進力を高めていく。戦略を「絵に描いた餅」に終わらせないためには、このADLならではの“Side-by- Side”アプローチが大きな役割を果たしているといえそうです。
この考え方はコンサルティングの範疇に留まら
ず、多くのステークホルダー間の調整によって意思決定がなされる企業社会においても普遍的な価値を持つはずです。

ADL志願者へのメッセージ

コンサルティングファームは、自立した個が「あえて」集まっている場です。仕事はディマンディングなもので あり、奈落の底に落ちてしまうのではないか、自分の自信が粉々に砕かれてしまうのではないかという局面に 出くわすこともあるでしょう。
コンサルティングという仕事は単に方法論やノウハウを学ぶことで成長を実現
できるものではなく、そのような局面で更に脳に汗をかくことで一段の進化が得られるようなものだと考えて おくべきです。
幸いなことに、ADLにはバックグラウンドは様々でも同じような価値観を持ったメンバーが「 あえて」集まっています。
仕事に没頭する、脳に汗をかく。揉まれ、刺激を得ることで自己成長を実現する場としては悪くないはずです。