採用情報 / 中途採用 / スタッフ紹介 / 長冨 功

長冨 功
Isao Nagatomi
マネジャー

担当領域
IT・ハイテク業界を中心に事業戦略、M&Aに係る多種多様なプロジェクトを事業会社、コンサルティングファーム双方の立場から多数経験。

経歴
IT企業、財務アドバイザリーファーム、大手移動体通信企業を経てADLに参画。
東京大学工学部卒業

私は事業会社とコンサル双方の立場で、 IT・ハイテク業界を中心に製造業の戦略・業務に関する課題解決の仕事に取組んできました。一般論では経営の意思決定の巧拙が企業の業績や競争力を左右すると説明されますが、時代が変化し自身が経験を積む中で、その一般論を具体論として実感する場面が増えてきました。絶えず変化し続ける製造業の全体像を捉え、企業の適切な意思決定を支援する仕事を通して世の中に貢献していきたいという想いが高まり、製造業の戦略策定に強いADLへ参画することにしました

実際に入社してみると、製造業の戦略案件の実績の豊富さと成果のインパクトは想像以上で、日々多くの相談が寄せられることに驚いた記憶があります。ADLがどのようにしてクライアントに価値を提供しているのか、他ファームと異なる特徴とは何か、入社後一定期間を経た今、考えてみました。ADLの特徴は「独創性へのこだわり」「リアリティの追求」「ファームの懐の深さ」だと思っています

■独創性へのこだわり 

ADLには「世界観」という言葉があり、クライアント“ならでは“の解にこだわります。世の中の潮流を捉えた上で、クライアントのビジョン・ビジョンを紐解いた事業コンセプト・必要となる組織能力を一つの「世界観」として作り込みます。会社の立ち位置の初期設計如何で後の打ち手も変わるため、クリエイティビティを最大限に発揮し、戦略を実行する上での礎となる「世界観」の構築にエネルギーを注ぎます。クライアントの「世界観」を言語化するコンサルファームはそう多くないのではないでしょうか

■リアリティの追求

実効性のある戦略を構築し有効な提言を生み出すために「技術」と「組織」を確りと捉えます。ADL社内では技術談義の場面を良く見かけますし、提言策定にあたってはクライアント組織の様々な背景事情を勘案した上で、言うべきことや言い方に工夫を凝らします。「テッキー」なのに「ウェットな組織イシュー」にも強いコンサルタントが多いのが特徴だと思います

■ファームの懐の深さ 

独創性とリアリティを高次元で両立するのは容易ではありません。高品質なサービスを提供するファーム運営体制が大前提として確立されていますが、その上で各コンサルタントは、価値を極大化すべく、自由演技で感じ・考え・行動することが許されます。決まった手法や方法論を使うルールはなく、毎回、クライアントの課題に合った方法で解を出し、自分が考え切ったメッセージを解き放つことが求められます。他ファームに比べ、コンサルタント一人一人の自由度が高いと思っています

ADLへの応募をお考えの皆さんへ
戦略コンサルティングは非常にタフな仕事ですが、私の様に上記ADLの特徴が好みに合う方にとって、ADLは“厳しいけれども心地良い”と思える最高の環境だと思います。ADLと肌が合いそうだと思う方は、是非ご応募下さい