提供サービス / 機能別領域 / 知的財産マネジメント

事業・技術・知財の三位一体でのマネジメントの実現

 

 

事業/技術戦略を踏まえた知財戦略の策定

 知的財産は本来イノベーションの源泉である技術開発活動の結果得られるものであり、その意味で知的財産戦略は自社の技術戦略、更には事業戦略と連動した“三位一体”戦略の一つと位置付ける必要があります。ADLでは、以下の4つの切り口から貴社事業における知的財産に関する戦略方針を策定致します。
(1)知財による自社事業の優位性確保
(2)知財による自社事業の自由度確保
(3)既存事業の枠を超えた知財活用による収益化
(4)知財の直接コストの効率化

 

知的財産業務プロセス再設計

 三位一体戦略を実現するためには、ともすれば従来は知財部門の専門家に委ねられることが多かった知的財産関連業務を技術者層、事業マネジメント層をも巻き込んだ“クロスファンクショナル”な活動として再定義する必要があります。ADLでは、知財関連業務プロセスの再設計を通じて最終的にはクライアント企業における知財に関する意識改革の実現を支援致します。

知財パフォーマンスインデックス(知財業績評価指標)によるグループ知財力の向上支援

 企業経営における知的財産の重要性の高まりを受け、経営層が自社の知財マネジメントの現状を正しく認識した上で、適切な経営判断をすることがこれまで以上に重要となっています。 ADLでは、知財マネジメントに関する体系化した評価指標を導入し、自社全体及び各部門の“立ち位置”を明らかにすることで、知財活動の成果が経営に伝わる形で可視化致します。

知財の“活用”実行支援

 知財による事業貢献を具現化するためには、その“活用”方法が鍵となります。ADLでは、技術の事業化に関する深い理解と幅広い領域における技術的知見をベースに、知財の売買・ライセンシング等の場面で個別状況に応じた最適な形態での実行支援を行います。

知的財産マネジメント領域における代表的プロジェクト事例

・大手エレクトロニクスメーカー 技術の体系的棚卸しに基づく知財戦略の策定
・大手エレクロトニクスメーカー中核子会社 知的財産業務プロセス再設計(BPR)
・大手エレクトロニクスメーカー 知財組織の再設計
・大手自動車メーカー 特定領域知財購入支援(知財価値評価)
・大手エレクトロニクスメーカー 知財・ノウハウの“商品パッケージ化”と売買交渉支援
・大手機械メーカー 発明報奨算定方法論策定

資料請求(主な内容)

・「経営課題としての知的財産マネジメントの考え方」
・「事業・技術戦略に基づく知財マネジメントプロセスの実現のための考え方」
・「知財価値算出の方法論」

資料請求はこちら