提供サービス / 機能別領域 / 事業再生・デューデリジェンス

復活のための“拠りどころ”としての「コンピタンス」の再定義

 苦境に陥った事業を再生させるには、単に財務面の手当てだけでは不十分なのは日の目を見るより明らかです。市場において十分な競争力を持ち得る「コンピタンス」を磨き抜くか、事業モデルに新たなイノベーションを引き起こすのか。いずれにしても収益の源泉となる「コンピタンス」を明確化しなければ、再び辛酸を舐めることは避けられません。ADLでは事業再生における毎々のステップを通じ、対象事業ならではの「コンピタンス」を拠りどころとした再生シナリオを策定することで、地に足のついた再生を支援致します。

ステップ1:市場性の見極め
 市場成長の可能性や市場ニーズの変化、競争環境などその事業が置かれた環境を客観的に捉え直すことで、“新たな戦い”を挑むことができるのか?に対する解を導きます。

ステップ2:自社の「コンピタンス」の再定義
 これまでの事業展開の歴史や技術的/営業的な取組みを仔細に分析することで、事業上の競争力を生み出す根源となっているもの、即ち「コンピタンス」を再定義します。これからの“新たな戦い”はこの「コンピタンス」に立脚したものとして描き出されることになります。

ステップ3:再生戦略と戦術の策定
 有望と判断された市場での自らの「コンピタンス」に基づいた戦いの『絵姿』を、具体的な「顧客」や「提供価値(≒商品)」イメージへと落とし込みます。加えて、「誰がその新たな戦いを指揮するのか」「どんな時間感でこれからを戦い抜くのか」を実行計画・実行体制として、臨戦態勢を整える準備を進めます。いざ開戦となった暁には、必要に応じて参謀として作戦遂行の助言も行うことができるのもADLの強みです。

事業再生領域における代表的プロジェクト事例

・プライベート・エクイティファーム 買収候補先事業の市場性評価
 -特殊化学品メーカー
 -精密機器メーカー
 -酒類・飲料メーカー
・大手産業機械メーカー市場性の見極めと再生計画立案
・大手工作機械メーカー競争力強化のための戦略立案
・大手教育事業者 再生可能性の見極めと再生プラン策定

資料請求(主な内容)

・「投資ファンド支援コンサルティングの紹介」

 

資料請求はこちら