提供サービス / 産業別領域 / 自動車

多様性のマネジメントによる新たな価値創造を目指して

 日本の自動車産業は、これまで「自動車」という顧客への価値提供のための明確なプラットフォームを持つ強みを活かし、完成車メーカーを頂点にした巨大な単一の産業アーキテクチャの中でオペレーションの卓越性を競うことで、グローバルな業界再編の中でも一頭抜きん出た存在となりつつあります。しかしながら、急速なグローバル化の進展や顧客ニーズの変化、環境・安全技術の開発などの事業環境や技術要素の高度化・多様化に対するマネジメントの巧拙が、更なる成長に向けた大きな分水嶺となりつつあります。ADLでは、グローバルなネットワーク内に蓄積された自動車業界における知見に加え、「技術」を基点とした様々な課題解決の視点を提供することで、自動車関連産業の新たな価値創造のための活動を支援致します。

 

技術のコンバージェンス(融合)マネジメント

 社会、ユーザーからのニーズの多様化・高度化に応えるために、完成車メーカーや自動車部品メーカーが獲得すべき技術は、従来からのコア技術である“擦り合わせ型”の機械系の技術からソフトウェアを含むエレクトロニクス系、素材系、さらにはバイオ系等これまでにない広がりを持ちつつあります。これら特性の異なる技術の融合により、新たな付加価値を継続的に生み出していくためには、自社ならではの“技術プラットフォーム”をどう定義し、投資すべき技術をどのように取捨選択していくのか、そのために必要な人材育成や風土改革等のソフト面をも含めた研究開発体制のあり方をどのように再構築すべきか、中長期を見据えた骨太の戦略が求められています。ADLでは、自動車産業に限らず幅広い業種の研究開発部門へのコンサルティング経験を活かし、完成車メーカー、自動車部品メーカーの次世代型研究開発マネジメントへの飛躍を支援致します。

 

技術基点でのブランド価値再考

 低迷する国内市場の梃入れと平準化が進むグローバル市場での更なる拡大の両面への対応として、ブランド力の強化の重要性が叫ばれています。ADLでは、「ブランド」を営業的視点からの表層イメージとして狭義にとらえるのではなく、背後にある自社のDNA(組織風土)に根ざした“技術プラットフォーム”のコンセプトや”品質保証体制”、さらには特許やノウハウ等知的財産の蓄積などをも含めた広義の「無形資産」であると捉え、ブランドマネジメントを通じた全社横断的な変革を支援致します。

 

コアとなる技術/組織スキルをベースにした新規事業領域での成長

 既存事業(自動車)以外の新たな事業の出口を模索すべきか否か、中長期的な成長を考える上で完成車メーカー、自動車部品メーカーにとって避けられない課題です。ホンダの人型ロボットや航空機エンジンへの参入に代表されるように、自動車という極めてハードルの高い製品の中で鍛えられた技術力は、新たな出口を切り開くだけのポテンシャルを秘めていると言えます。一方で、他業種で実力をつけた企業にとっては、自動車産業自体が極めて魅力的な新規事業の展開先でもあります。ADLでは、幅広い業種での事業育成支援の経験を基に、新規事業への参入という極めて自由度と不確実性の高い意思決定を行う上で必須となる市場性評価、M&A及び提携戦略構築、技術開発ロードマップ策定等の様々な場面での支援を実施しています。

 

自動車業界における代表的プロジェクト事例

・国内自動車メーカー 次世代R&D組織の実現のための技術部門経営革新支援
・国内自動車メーカー MOT人材育成プログラム提供及び技術開発部門組織風土改革支援
・自動車電装品メーカー 生産技術部門の組織改革支援
・国内二輪車メーカー 知的財産マネジメント改革支援
・国内二輪車メーカー 国内マーケティング体制革新支援
・国内自動車メーカー 新規事業参入意思決定のための米国市場動向予測
・電気部品メーカー 自動車電装品市場参入戦略立案
・国内自動車メーカー 特定技術領域知財購入支援(知財価値評価)
・国内二輪車メーカー グループ経営改革支援

 

資料請求(主な内容)

・「自動車業界を取り巻く環境変化と自動車業界向けコンサルティングサービスの御紹介」
・「自動車部品業界向けコンサルティングサービスのご紹介」
・「自動車業界における研究開発マネジメントの考え方」
・「自動車業界における知的財産マネジメントの考え方」

 

資料請求はこちら